肩こり・腰痛はもちろん、ヘルニア/眼精疲労/美容鍼などを鍼灸・整体を中心に全身調整でサポートします

腰痛でお悩みの方、湿布を貼っても変わらないその原因とは?

腰痛症ブログ用

腰の痛みが取れたら明日が変わる!!

そう言っても大げさでないかもしれません。

このページでは筋・筋膜性腰痛について説明していきます
国民の男性1位、女性2位の運動器の症状である腰痛、このランキングは長い間変化がありません。ではで多くの国民が抱える体の悩みである腰痛がなくなればどれだけの人が苦痛から解放されるでしょうか?

腰痛がなぜ無くならないのか??

答えを先に言ってしまうと

レントゲンやMRIなどの検査ではわからない腰痛が全体の8割以上を締めているからです。

検査ではわからない腰痛を非特異的腰痛といいます。

非特異的腰痛
||
画像診断ではわからない腰痛わからない=治らないではありません・・・

実は・・・
✔ 筋・筋膜性腰痛
✔ 精神的腰痛

なども非特異的腰痛なのです。

その様な腰痛こそ鍼灸や整体でのアプローチが有効です。
姿勢、可動域や筋力、圧痛、東洋的判断などのチェックを行い原因を導き出して行きます。

筋・筋膜性の腰痛、可動域制限による腰痛は鍼灸、整体が有効です。
※腰痛症はNIHの見解として鍼灸は科学的根拠、西洋医学の代替医療として有効であると発表されています。

マッチ鍼灸整骨院ホームページ

腰痛は人類永遠の課題なのか??

ではこれだけ医学が発展してきた昨今にも関わらず腰痛対策が永遠の課題になっているのでしょうか?

体の構造も関係していると考えています。

  1. 筋肉や筋膜による腰痛が多い為
  2. 腰は筋肉に依存している為

これらの腰痛は初めのうちは我慢できるので酷くなった時には状態が悪くなっている可能性があらます。

その場しのぎにしないでその腰痛

軽い腰痛は夜寝ると翌日楽になるので特に気にせず生活されている方も多いと思います。

しかし、それが慢性腰痛の入口になっているのことに気が付いてください。

痛い部分をほぐしても痛みが取れなければ原因が他の部位にもに広がっている可能性があります。

それを治すためには姿勢や可動域、筋肉の硬さ、関節の動きや筋力から原因を探しだして的確なアプローチをしていく必要があります。

腰痛症の悪化による結果2次的疾患が発生している事も考えられます。

坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア
足の浮腫み
明け方の足がつる

ですので、たかが腰痛と痛みをごまかさず早めの処置をしていきましょう!

鍼灸予約フォーム
LINE@