肩こり・腰痛はもちろん、ヘルニア/眼精疲労/美容鍼などを鍼灸・整体を中心に全身調整でサポートします

ヘルニアでお悩みの方

腰椎椎間板ヘルニア

あなたの腰の痛み・下肢のシビレはヘルニアの痛みですか?

レントゲンやMRI撮影後、可動域のチェックや徒手検査をしないで診断が決定しているあなたはヘルニアによる腰の痛み下肢のシビレではないかもしれましん。

なぜなら腰痛を経験したことの無い方が画像診断をしたところ多くの方が腰椎椎間板ヘルニア状態になっているという調査結果があるからです。

「痛くない人」の76%がヘルニアだった
この研究、1995年にひらかれた国際腰痛学会で腰痛会のノーベル症とも評される「ボルボ賞」を受賞した権威あるものなのだ。その後も続々と研究は進み、今や「椎間板ヘルニアが腰痛の原因」とされるのは全体の3%程度にしか過ぎないという事がわかっている。
出典:PRESIDENT Online ほとんどの椎間板ヘルニアは腰痛と無関係

つまりレントゲンやMRIだけではヘルニアは発見できてもその腰痛や下肢のシビレがヘルニアが原因かの判断は難しいのです。

ヘルニアの多くは自然に小さくなるってホント!?

椎間板ヘルニアの多くは何の処置もしなくても自己再生能力により飛び出た部分はマクロファージという細胞により小さくなり神経を圧迫しなくなり発症から約6カ月ほどで症状がなくなってしまうと言われています。整形外科医の中では常識になりつつあるようですが一般にはまだまだ浸透していない考えですね、

しかし、椎間板ヘルニアが原因の痛みやシビレは全体のヘルニアの約3%、原因が椎間板ヘルニアが出なかったら・・・半年我慢しても症状が変わらない事も考えられます。

もし椎間板ヘルニアが原因だとしてもこの痛みやシビレに半年も耐えられませんよんね、

では、この腰の痛み・下肢のシビレの原因は??

  1. ヘルニアにより神経を栄養する血流制限
  2. ヘルニアによる周辺組織の炎症
  3. トリガーポイントによる腰痛・下肢のシビレ感
  4. 仙腸関節の歪みによる可動域制限
  5. 経絡の滞りによる瘀血状態
  6. 過労やストレスによる交感神経の緊張

多くの場合は血流障害とストレス

シビレは組織の血流障害の最終形態一歩手前だと考えています。

正座を思いだしてください、長時間正座をしていると徐々に足がシビレてきませんか?

はじめは足が重だるくなり、段々と痛みが現れてきます。その後つま先がシビレてきて足全体がシビレてくる、最後は立ち上がる時シビレがキツくて足の感覚が鈍くなったり上手く動かせなくなります。

その現象が腰で起こっていると考えてください。

又、ストレスは交感神経を高め血管を細めます。すると血液の酸素供給が少なくなる為神経が栄養不足を起こす為腰痛や下肢のシビレを起こします。

ヘルニアに鍼灸や整体は効くの??

体の評価を行い原因を絞った施術を行えば鍼灸や整体は椎間板ヘルニアに対してとても有効な手段です。

ブログ
局所しか診れない保険治療、全身診れる自費治療

仮に原因がヘルニアだとしても鍼灸や整体は保存療法で6カ月かかると言われている苦痛の期間を短くする事ができます。

しかしヘルニアが原因の痛みやシビレは全体の約3%です。

上記に述べた6つが原因であれば十分対応可能です。

ブログ
マッチ鍼灸整骨院で行う施術方法

急になったは急じゃない

腰椎椎間板ヘルニアの症状は何かの拍子に急に起こる事があります。
マッチ鍼灸整骨院にも「重いものを持った訳でもないのに朝起きたら急に腰が痛くて動けなくなった」
「昨日までは全然痛みもシビレもなかったのに今日急に腰が痛くなって足がシビレてきて・・・」と訴える方も多くお越し頂きます。その様な方は慢性的な腰痛に悩まされていたり、仕事が忙しく運動不足の方がほとんどです。紙一重で症状がたまたま出ていなかっただけという事も多いのです。
ブログ
なんかヤバい、激しい腰痛に襲われる前にできる○○の方法

ヘルニアと診断されたが手術はイヤだ!!

これまで多くの整形外科の先生とお話する機会を頂きましたが、色々な考え方があり、保存療法推進派と手術療法推進派の先生がいらっしゃいます。

「手術すればこの痛みから解放される!!」

と思うかもしれません

ここまでお読みいただいた方は気が付いていると思いますが、ヘルニアによる腰痛、下肢のシビレは約3%です

それでもあなたは手術でヘルニアを取り除きますか?

レントゲンやMRI以外の評価、薬や湿布以外の鍼灸や整体、サプリメントなどのアプローチを行ってみてそれでも思うような結果が出なければ手術に踏み切ればよいと私は思います。

すぐに整形外科を受診した方が良い場合

とは言ってもここまでなってしまったら保存療法とか言ってられません

  1. 排尿・排便障害が起きてしまった場合
    48時間以内に緊急の手術を受けるように勧められています。
  2. 下肢の著しい筋力の低下、下肢の機能障害が起き始めてしまった場合

すぐに整形外科を受診して担当医の指示に従ってください。

ヘルニアは腰が痛くない人も多くの人が持っています。腰が痛い人もヘルニアが原因のことはほんのわずかです。
ほんのわずかの可能性に賭けるより、もし痛みがまだ我慢できて時間が許すならご相談いただけたらと思います。